ホーム業務内容防火設備定期検査

防火設備定期検査

防火設備定期検査防火設備とは?

平成28年6月1日の建築基準法の改正により、防火設備検査に関する規定が
強化されました。
防火設備検査は、これまでの特定建築物(旧特殊建築物等)の定期調査報告で
行ってきた防火設備の調査項目の中から火災時に煙や熱で感知した防火設備
(防火扉、防火シャッター、耐火クロススクリーンなど)について
1,2級建築士及び防火設備検査員に作動状況を検査させて
その結果を特定行政庁に報告しなければなりません。

公益財団法人 東京都防災・建築まちづくりセンター
https://www.tokyo-machidukuri.or.jp/index.html
千葉県
https://www.pref.chiba.lg.jp/kenchiku/tetsuzuki/teikihoukoku.html
一般財団法人 埼玉県建築安全協会
http://skjak.jp/publics/index/8/

防火設備定期検査

熟練した有資格者が安心・安全な調査をご提供致します。

サービス内容を詳しくお聞きになりたい方、ご不明点などございましたら
下記の☎番号まで、お気軽にお問い合わせください。

マンション5階建て以上(設備数1設備) ¥45,000円(消費税別)~
防火シャッター・防火扉の数量により別途費用が
必要す。
お問い合わせはいつでもお気軽にお寄せください
☎:070-8940-3730

✉:hikaru.ts.24@gmail.com
ページの先頭へ